003◆SHIRATAMA ブログ



(2012.04.30 up)
長年飼っていた猫にに死なれて、まったく曲を作る気になれなかった。
自然にそこにいたヤツが突然いなくなると、初めてその存在の大きさが痛感してしまう。
しらたまに関しての詳細は、ブログ「最近死んでしまったネコについて」に書いてあるので、興味のある方はご覧いただきたい。

当初予定にはなかったヤツのために曲を作ることにした。
たかが猫一匹とお感じになる方も少なくないと思うが、何かヤツのために残したいという衝動が日増しに強くなってきたのだ。
私はこの衝動を素直に表現しようと試みた。ヤツのためとか言いながら、本当は自分のためなのだ。たんなる自己満足になってしまうかもしれないけど、それでも良いと思った。
作りたいという衝動を大切にしたかった。
そして、少しでも多くの人にこんな猫もいたんだということを知ってもらいたかったのも事実である。
音楽はもともと、日々の喜びや悲しみから自然と発生していくものだろう。他者に共鳴してもらえないのは、まだまだ自分が未熟であるということだ。そう、修行中なのだから。

曲は教会で歌ってるようなイメージにしたかった。鐘みたいな音[仏具のリンのピッチを下げている]、グレゴリアン聖歌隊、心臓の鼓動も取り入れている。
製作中にも涙を流すことが少なくなかった。
今回特に驚いたことは、GUMI-Pの表現力だった。最後、裏で歌わせているが、感情が伝わってきたのだ。つたない日本語ポイところもあるが…。
とくに凝った調整もしていないのに…ボーカロイドは、あなどれないなぁなどと改めて思ってしまった。

さて、曲が出来上がってムービーを作る段になったが、ムービーメーカーの動作が急に不安定になり、作ったものが上手く保存できず、3回も作り直した。
動画データを取り込で不要部分をカットすると再度ファイルを開いたときにリンクキレが起こるらしい。
MP3データもリンクされているが音が出なかったりと散々だった。
教訓として:ムービーは、別ソフトで必要な部分を作ってから、取り込む。
ということにした。
このことについては、後でサポートに問い合わせてみよう。

出来上がった曲はiPodに入れて何度となく聞いている。
拙い曲ながらも、今の自分に必要な音楽なのだ。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : VOCALOID
ジャンル : 音楽

最近死んでしまったネコについて


亡きネゴの肖像

長年いっしょに暮らしていたネコが老化に伴なう病気のせいで、死んでしまった。15年間一緒に暮したことになる。
最初のネコだったので、思い入れも一入だ。
大往生するまで世話出来たので、幸せなのだろうが、しばらくは、ポッカリ穴が空いたようでやるせない気持ちだった。
火葬して、ヤツの骨壷が棚の上にある。
ひと月ほどここに置いて、動物専用のお寺の納骨堂に納めることになる。
そこに行くと、同じ思いの飼い主の気持ちが伝わってきて、切なくなるのだが、同時に愛情もひしひし伝わってくる。こういう所に入れるペットは幸せな一生を送れたことだろう。

続きを読む

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

002◆月のボタン




(2013.04.17 up)
一通り基本的な使い方を習得して、次は好きなジャンルであるボサノバに挑戦してみた。
楽器は、パーカッション・ピアノ・ナイロン弦ギターのみのいたってシンプルな構成である。
ナイロン弦ギターは自分で引こうと思っていたが、DAWソフトに付属していた音源があったのでそれを使った。細かなリフは調整できないけど、とりあえずこれで良しとした。
ピアノの音は、付属の音源に満足できなくて、市販のピアノ音源を使っている。(前作から)
ボーカルは、GUMIと MIKU のデュエット。Megpoidが5種類もあるなんてしらなかた知らなかった。「Power」「Whisper」「Adult」「Sweet」「Native」
私の場合、「Power」であることを後で気がついた。道理で元気があるなぁと思っていた。ボサノバにはちょっと合わないので、コーラス担当にしてもらった。
これから買う人は要注意です。

続きを読む

テーマ : VOCALOID
ジャンル : 音楽

001◆SUMMER DREAM


恥ずかしながら記念すべき1曲目◆SUMMER DREAM◆(←ニコニコ動画リンク)(201.04.08アップ)
タイトルからして、イージーな感じがしなくもないが、とにかく作るのを重視。
DAWソフトをまったく初めて使ったので、マニュアルを見ながらの作業は苦労した。
自分で歌うつもりでコンデンサーマイクも揃えていたのだが、ボーカロイドに興味を持ってしまって、初音ミクをボーカルにしてみた。なので、マイクはいまだ未使用、もったいないなぁ…いつか使わないと…。
試作的に作ったので、ややスロー(テンポ100)で分りやすいメロディーにしてみた。
歌詞は、好きな詩人・中原中也「北の海」の一節「海にいるのは あれは人魚ではないのです」と好きな漫画家・つげ義春「海辺の叙景」のイメージを膨らませて作った。
在ったり無かったり不安定でいて切ない対面間もない男女の情景を上手く表現できていれば良いのだか…。
曲中に「I love you.」「I need you.」「Summer Dream」という安直な英語が散りばめてあるが、「ボーカロイドに英語が歌わせられるか?」という興味本位で簡単そうな英語を入れてみた。

続きを読む

はじめてのDTMソフト2


一口にDTM(Desk Top Music)ソフトといっても、無料なものから商品になっているものまで様々あって迷ってしまった。
正確には、オーディオまで編集できるので、DAWソフト(Digital Audio Workstation)というらしい。
ネットで情報収集は楽なのだか、どれを選択するという作業は該当する知識の乏しい者にとっては実に難儀である。
実に細かく解説しているのだが、未知の料理の味を説明されているようで、なんとなくピンとこないのだ。
「初心者向け音楽制作ソフト」というタグでひっかけてあれこれ迷った末、コード入力に対応しているオートアレンジ機能搭載の「Singer Song Writer」というソフトに絞り込んだ。
ただ、このソフトでも安価なものからProfessionalと歌っているものまで多種あり…また迷う。
結局、本格的に作りたいので、Singer Song Writer 9 ProfessionalとUSB AUDIO/MIDIインターフェース、TASCAM US-144MK II(ミニキーボード)がセットになっている「Singer Song Writer 9 Professional -First Studio Pack-」 に意味も良くわからずに決めてしまった。
安い買い物ではなかったが、それだけに長く使っていくだろうというモクロミもあった。
ASIO対応オーディオインターフェースとかなんのことかチンプンカンプン状態でとにかく手に入れた。
結果的には、セットで揃えて良かったと思う。付属の音源やエフェクトも豊富でトータル的に考えれば割安感はあると思う。
ただ一つ注意したいのは、メーカーでは「Windows 7(64bit,32bit)対応」と明記していながら、64bitで使用するとサポート対象外になってしまうことだった。なので今は、32bitで使用している。




はじめてのDTMソフト1


DTMを始めようと思ったきっかけは、スペックの良いPCに買い替えたからだ。
7年も使ってたパソコンがiTunesのバージョンアップに限界を感じてついに買い替えることにしたのだ。
目的がiTunesの為であり、その時はまったく自分で音楽を作ろうなんて考えもしなかった。
しかし、iTunesとメール・ネット検索だけに使うのがなんかもったいない気がしだしたのだ。
もともとクラッシックギターは趣味で弾いていたし、アナログチックな音楽制作はしてた過去もあり、「最近のDTM事情ってどうなってんの?」という軽いノリでネットで調べだした。
そしたら、凄いんですね、技術の進歩。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

MONTAN18

Author:MONTAN18
音楽好きが高じて自分でも作り始める。好きなジャンルは国内海外問わず、ロック、ポップス、ジャズ、クラッシック、ワールド、エレクトロリカ・ポストロック・テクノなど多岐に渡る。ルーツはプログレ。
montan_place@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
04 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
*****
ツイート
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
+++++++++