スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の殿堂入り音楽15-Matryoshika


ボーカルCaluと、トラックメーカーSenの日本の二人組 らしい
エレクトロニカ・ポストロックユニット。

ファーストアルバム「zatracenie」のジャケはちょっと(かなり?)不気味で、二の足を踏んでいたのだが、評判が良いので思い切って聴いてみたら、物凄く良い。

最初、日本人だとは思わなかった。

心地よいノイズが見事に絡み合う淡々とした女性ボーカルと曲。
ファーストアルバムのリミックス盤もある、こちらはより色彩が強くなった印象だが、こちらも好きだ。
よほどこのアルバムに思い入れがあるのだろう…なぁ。











公式サイトみたいだがホントにわかり辛い
http://www.matryoshka.jp/

ファーストアルバム

ファーストアルバム「zatracenie」のリミックス盤
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

無償MASCHINE 1.8アップデート登場


ごく最近、愛用しだしたNative Instrumentsさんの「MASCHINE」。
私が購入したのは、半額キャンペーンの時だ。
そのNative Instrumentsさんから、私宛に「無償MASCHINE 1.8アップデート登場」というメールが届いていた。
なんでも、10月にハードも「MASCHINE 1.8/MK2」となってカラフルになって新しく発売するみたいだ。
宅録で、とくにパフォーマンスもすることのない私にとってハードを買い替える必要はまったく感じられない。
ただ、ソフトはせっかくなのでバージョンアップをした。
気に入った機能は、
・新しいエフェクト TRANSIENT MASTERが追加された。 (まだ使っていない)
・新しいブラウザ・サンプル・プレビュー・モード: ブラウザ・リスト内を簡単にスクロールすることができ、読み込むことなしにサンプルを試聴することができる。※これが一番うれしいかな
・オート・ライト・ピンニング: Auto-Write(自動書き込み)ボタンのピンニングが可能となり、オートメーション・レコーディングが改善された。手動で調節が可能!
※手動で出来るのはうれしい。今まで手動で出来ると思ってさわったら全部消えてしまったときは泣きをみた。
・MASSIVE というソフトシンセがおまけで付いてくる。
※日本語のマニュアルもあってうれしいけど、読むのメンドイ。音がいっぱいある。ちょっと鳴らしてみた。

MASCHINE 1.8のソフトウェアを起動してみたら、画面もカラフルになってしまっててちょっとびっくり。
目が疲れそう…この派手な色、もう少し抑えられないだろうか?

とはいえ、Native Instrumentsさんの太っ腹な心遣い、ありがたく頂戴させていただいた。


新しいMASCHINEのパフォーマンス 2台使ってて早いなあ 指 !



MASCHINEの新機能一覧

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

ブログ◆ぷらとにっくらぶJ[オリジナル曲]


ぷらとにっくらぶJ[オリジナル曲]

しばらくぶりのボカロ用の曲。初音ミクをメインに使うのも久しぶりという感じだ。
ずっと(といっても3曲だが)エレクトロニカ用に作成していたので、なんか歌ものが作りたくなった。
なんかメロディが頭に浮かび、記録するためにとりあえずファイルを保存するつもりだったのだが…そのまま完成。

muzie(ミュージー)に登録すると、2日後にアップされるので、その間に動画を作って同時公開を計画したが、
思った以上に、動画制作に時間を取られ、ニコニコ動画のほうが後になってしまった。




muzie(ミュージー)にも公開中
歌詞も載せました(2012/10/20)

続きを読む

テーマ : VOCALOID
ジャンル : 音楽

ブログ◆Electroni CAT ♯003 FUGA [オリジナル+アレンジ曲]


バロックギターをメインにした曲を作ろうと思いたつ。
この音ほんとスキスキ うっとり。
イントロを作り終え、主題を作り始める前段階で頭に浮かんだメロディーだが…
あれ!? これバッハじゃん。なんていう曲だっけ?無伴奏バイオリン・ソナタだよね。などと独り言。
バロックぽく作るとバッハが下りてきたんだな。
バッハの曲は、ロックとかジャズにもよくあうね!
エレクトロニカにもきっとマッチするはず…ともくろむ。
「えーこれ エレクトロニカじゃないよ」と思われる方もいらっしゃるかもしれないが、あくまで主観なのでご勘弁願いたい。
[メモ]
イントロとエンド100~110BPM  主題 120BPM(アレグロ)
アレグロのBPMの解釈は、けっこう大雑把である。
もともとクラッシックの速度指定は、「ゆっくりと」とか「かろやかに」とかなのだから、曖昧なのだ。
132BPMを基準にしているところもあるみたいだか、この曲には早すぎる感じ。
32分音符が綺麗にひびかないし。
タレルガのギター編曲譜を参考にしていたが、最後に64分音符の超早弾きがある。遅くしないと絶対無理だと思った。
所々(64分音符のとこなど)音符をはしょったり、変更したり、付けくわえてみたり、ラスゲアードを入れてみたりしてみた。
ラスゲアードはフラメンコギタ―でよく使われるが、バロックギターにもある奏法。
リズムに古楽のタンバリンの音をいれると良い感じ。
バッハ以外でも、クラッシックのギター曲をやりたくなった。



muzie(ミュージー)にも公開中

テーマ : 作詞・作曲
ジャンル : 音楽

私の殿堂入り音楽14-Haushchka


Haushchka(ハウシュカ)については、以前のブログで少しふれたが、「プリペアード・ピアノ」で作曲している音楽家である。
ピアノの弦をいろんなものを挟んだり載せたりして本来のピアノ音を変化させて意外な音を曲に組み入れるのだ。大量のピンポン玉を使った映像があったが面白いなぁ。
もともと、現代音楽家のジョン・ケージという人が始めたと思う。彼のCDも1枚あるが、実験的すぎて正直楽しめない。

ハウシュカのほうは、とても聴きやすく、プリペアード・ピアノの魅力を十分引き出しているのではないだろうか?
彼のアルバムは2008年「Ferndorf」まで持っているが、最近の作品は、より実験的になってきているのかなぁ。
オフィシャルサイトで視聴・購入できる。





ピンポン玉--面白い


Room to Expand (2007)の「One Wish」は特にお気に入り。amazonでは手に入らないみたい。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

私の殿堂入り音楽13-Baden Powell


Baden Powellt(バーデン・パウエル)は、ボサノバのギタリスト。もうとっくに他界したが、
彼がお爺さんになって来日した時、演奏をじかに聴くことができた。あいにくの台風の中、会場に向かい服はビショビョ。
50人くらいでいっぱいになる狭い所、目の前で彼のプレイを堪能できたことは、今でも心の宝物だ。
10代の後半、彼の音に出会い強い衝撃を受けた。
ボサノバってイージーリスニングのようにまったりしているという先入観があったが、彼の演奏はまるで違ってた。
とても、情熱的で、時に攻撃的。テクニックは言うまでもないが、やはり独特な奏法から生まれる音に酔いしれずにはいられない。バッハの曲などクラッシックなんかも、とてもカッコよく弾いたりするのだ。
何年たっても、ちっとも色あせることなく私の「殿堂入り」プレイリストに今も健在だ。

大好きな曲 Samba Triste  ライブだ、お若い!この頃が私のバーデンの脳内イメージ


クラッシックギター奏法だけど独特――ソロもいいなぁ


若いころのカラー動画 サンバだ。うぁ貴重な映像!楽しそうだなww


初めて聴く人には、ベスト盤をお勧めしたい。

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

私の殿堂入り音楽12-Mogwai


ひさびさにこのカテゴリを書く。
ほぼインストバンドのMogwai(モグワイ)が好きだ。ポストロックファンなら超有名だと思う。バンド歴のわりにアルバム枚数は以外と少ない印象である。
「Happy Songs for Happy People 」を聴いてからファンになり他のアルバムも片っ端から聴きまくった。
ハードすぎない歪んだギターの音は気持ちいいね。作業用BGMにも最適だ。

一番新しいアルバム


ライブ この曲も好き…盛りあがりまでのじらしっぷりも最高www


イラストがキモカワイイ 同じ曲で実写のもある


以下、7枚のアルバム、みんな好き!

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

ブログ◆Electroni CAT ♯002[オリジナル曲]


Electroni CAT ♯002[オリジナル曲]
古典的ギターとピアノのアンサンブル。ラストにビオラがバックに絡む。数か所で聴こえるカモメのような声は、猫の声を加工している。
音の響きの美しさととノイズのバランスを意識して作った。

[メモ]
60BPM Am調
・自分の気に入った音を絞り込んでシリーズ展開したい
・生音と電子音とが心地よく感じられるようにしたい。
・綺麗さの中に、毒気とかノイズをバランスよく入れたい。
今回の制作で面白かったのは、猫の声をサンプリングした後、リズムとメロディーを付け、逆再生してみたことだ。昔ビートルズが大がかりなテープでやっていたことが、デシタルだと手軽に出来るんだな。
ジョンレノンが、逆再生した自分の声を聴かされてから、はまったって話は興味深い。





muzie(ミュージー)にも公開中

テーマ : 作詞・作曲
ジャンル : 音楽

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

MONTAN18

Author:MONTAN18
音楽好きが高じて自分でも作り始める。好きなジャンルは国内海外問わず、ロック、ポップス、ジャズ、クラッシック、ワールド、エレクトロリカ・ポストロック・テクノなど多岐に渡る。ルーツはプログレ。
montan_place@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
*****
ツイート
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
+++++++++
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。