ブログ◆ユニット曲「宵下弦 第三夜」


詩・朗読・Eギター:カヤナルミ
ミックス・その他いろいろな音:モンタン
作曲・編曲:宵下弦
---------------------------------------
OKMusic

muzie
------------------------------------
曲が公開されてから、ブログにするのにだいぶ時間が経ってしまった。
ナルさんとのユニット三曲目。
タイトル見ても何曲目かわかりやすいねw

今回は、ナルさんの詩を朗読してもらって、
それを聴きながら、「こんな感じにしたい」という要望を元に、曲の骨格を作った。

それをお渡しして、間奏にナルさんギターを載せていく段取りだった。
前作の「第二夜」から、ギター触ってないってことで、勘を取り戻すために練習されたそうだ。
「その前に、弦を取り替えないと」とのこと。
ということで、ひたすら、お待ちする日々w

完成に近づいて、デモ曲をお渡しすると、いろいろ返事が返ってくる。
大詰めに入るとツイッターで打ち合わせおよび最終確認。

ナルさんは、曲に関していろいろズバズハ言ってくるので、とても面白い。
1人でやっていると、これがないので、刺激になる。
もちろん納得できないこともあるが、とりあえず作ってみて、実際に比較してみることはいいことだ。
そこから、新たな発想が生まれてきたりする。

ナルさんは、もう音楽作りたくないみたいだけど、それは個人の自由なので仕方ないことだ。
私は、もったいないなぁ と思うだけである。

ナルさんは、心をすり減らすように音楽を作っているので、辛いのかもしれない。
でも、即興とか、なんでもいいので、ギターはいじるようにと要望している(=^・^=)
第四夜 は あるのか? 不確定なのも、それはそれでいい。楽しいね。
スポンサーサイト

テーマ : 作詞・作曲
ジャンル : 音楽

ブログ◆ユニット曲「ドグマA ドグマB」


綾樹(あやしげ)さんと私のユニット『TAN=0=CGE』(タノシゲ)の4曲目。
作曲:綾樹
作曲・編曲:MONTAN

同じ課題曲を二つのアレンジにしました。
ドグマAは、民族色を出した重厚な作品。
ドグマBは、ジャズロック風なビートを効かした作品。
AとBを聴き比べてみると面白いかもです(=^・^=)
[オリジナル]課題曲
http://musictrack.jp/musics/5545
------------------------------------
OKMusic
ドグマA ドグマB

muzie
ドグマA ドグマB
------------------------------------
綾樹さんは、クリムゾンの「RED」のイメージを希望してたが、
同じフレーズの繰り返しは、マイク・オールドフィールドの印象が強くて、
民族風な感じで進めようと思った。
オリジナルタイトルが「都市生活」だったのだが、あまりそんな感じはしなかった。
現実の生活の空気を出すには何が良いか考えたところ、
なぜか「お賽銭」の音を最初と最後に入れたくなった。
民族楽器のほかに、シンセ「Massive」も4トラックほど使っている。
深みのあるフルートのような音なんかがそう。
タイトルは、ある程度出来たところで綾樹さんに聴いていただいて、決めていただくことになっていた。
そこで「ドクマ」に決まったのだが、色良いお返事ではないニュアンス…w
なら、もう一度アプローチを変えて、初めから作り直そうと思った。
しばらく音楽制作は中断して、クリムゾンとe.s.tを何日か聴き直してみた。
クリムゾンはプログレでもどちらかというとジャズっぽい感じなので、
両方を合わせたようなクールな曲にできないか、考えてみた。それが「B」だ。
ピアノとベースだけのとこのフレーズは、e.s.tの好きな曲を真似しいてる。
好きなんだよねーこの感じ。
方針が決まると、わりとすらすら出来た。
途中、ピアノソロも入れてみたり。

だだ、Bを作っている初期段階で、「Kontakt 」でwavデータを取り込み自由に加工が出来ることをネットで知り
自分もやってみたくなった。(今までは「Maschine」でやっていた。)
一度ボツにした前曲で遊んでみることにした。
新たにボイスを追加してみたところ、ぐっと引き締まってきた。
鍵盤でタイムシフトがかからないような設定で音階になる様にして、
別にボイススピートをコントロールすると、面白い(=^・^=)
さらに、それに合わせて即興でリズムを入れたら良い感じ。
これをボツにしたら忍びない…ということで「ドグマA」となった。
こうして、はからずも、二つのアレンジ曲ができたというわけ。

Bに入れているギター音のエフェクトはNI Guitar Rig を使っている。
いろいろなエフェクトを組み合わせることができるので、とても面白い。
自分好みの音を作るのは、まだ試行錯誤中だ。
いゃー奥が深いっす。
NI Guitar Rig って、こんなの↓「Maschine」のおまけで付いていた。


NIの「Kontakt 」は好きでよく使っているのだけど、ここまで使いこなしてなかったよ。
好きな音源を簡単に分類・登録できる機能は知らなかった。

テーマ : 作詞・作曲
ジャンル : 音楽

ブログ◆自作曲「OLD SUBWAY」


アメリカのポップアーティスト、まだ無名なキース・へリングが落書きしてた頃の地下鉄。
でも、落書きっぷりったらバスキアのほうがとても好き。
そんなイメージで作ってみました(=^・^=)なんのこっちゃ。
------------------------------------
OKMusic

muzie
------------------------------------
これも練習用に作り始めたものだ。
今回は、最初に「Maschine」だけて作ってみた。
感覚的に作るのに向いていると思う。
テンポとGmスケールだけ決めて、音色をえらび、適当に鍵盤で弾いてみる。
調整する時は、ピアノロールだか、譜面と比べると、あまり好きではない。
でも、これしかないので、慣れるしかないね。
リズム・ベーストラックを作るのに便利だとおもう。
リードは、「SYNTH-WERK」の音を使った。独特な良い音だねぇー。
ある程度出来たところで、全てのパートを個別にWEBで書き出してから、
SSW10のオーディオトラックにはめ直した。
作っているときに、なんか地下鉄のイメージがわいてきて、ジャンルもテクノに決めていった。
NYの地下鉄の音を追加すると良い雰囲気。
左右のギターの音も追加して、ポストロックっぽくしてみた。
「Maschine」先で作ると、わりと自由な感じで作れて面白いなぁ。

テーマ : 作詞・作曲
ジャンル : 音楽

ブログ◆自作曲「ヒーリング・ミュージック その5」


シンプルで短いシリーズ5作目。
前作のユニット曲でプログレモード全開だったので、
気持ちをニュートラルに戻すために作りました。
すこし気持ちが高ぶっている感じのとこあります(=^・^=)
------------------------------------
OKMusic

muzie
------------------------------------
ここ最近の自作曲は、まず「練習」というフォルダに保管して、
どんなジャンルにするかは考えずに、思うままに任せて作り始めている。
あらかじめジャンルを決めてしまうと、それにとらわれてしまうのが嫌だからだ。
今回は、コード進行を先に決めてから、メロディーを付けてみた。
スケールはG#m。黒鍵が多いやつw あまりやった記憶がない。
純然なマイナーコードは、暗くなりすぎるので、ファジーなコード進行にきめた。
sus4 とか add9 とか M7なんか好きなので取り入れている。
ピアノ音源は、同じものを2トラックに分けて、右手・左手用に分けている。
こうすると、譜面がとても分りやすい。
音は、キースジャレットスタイルが好きなのでこれにした。
私の場合、気持ちいい音でないと、イメージがまったく浮かんでこないのだ。
なので、この時、エフェクトのかけ具合なんかもある程度決めておく。
センド量を調整して、リバーブ系が設置してあるFXトラックに送って、
自然で気持ちいい感じにしてから始める。

コードに従って、左手用のトラックに、伴奏を入力して聴いてみる。
右手用トラックに、伴奏を聴きながら、適当に音を合わせてみる。
メロディーの骨格が出来上がったところで、音符を着けたしてみたり、引いてみたり、
ミスタッチを直したりw、音量・タイミングを調整してみたりして仕上げていく。
同じAパターンでも、前半部と後半部で少し変化させている。
仕上げに、同じピアノ音源のディレイピアノを1トラック追加して、
高音のお飾り的な響きを追加している。
ここまで作って、一度mp3に書き出して、iPodに入れて、しばらくずっと聴き込んでいく。
聴きながら、新たな展開の可能性とか、ジャンルはどうしようかなぁ なんて考えるのだ。
1日そんな感じて、聴いたり、他のことしてたりして、漬け物じゃないけど、しばらく置いておく。
たいていは、その後、膨らませていくのだが、今回は、これでOKになった。
ということで、ヒーリングなピアノソロ風な曲が出来上がった。
実際に弾けたら、気持ちよさそうだなぁw

テーマ : 作詞・作曲
ジャンル : 音楽

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

MONTAN18

Author:MONTAN18
音楽好きが高じて自分でも作り始める。好きなジャンルは国内海外問わず、ロック、ポップス、ジャズ、クラッシック、ワールド、エレクトロリカ・ポストロック・テクノなど多岐に渡る。ルーツはプログレ。
montan_place@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
*****
ツイート
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
+++++++++